ゼナキルジェネリックのキフロール犬・猫用の通販・格安購入


ゼナキルジェネリックのキフロール犬・猫用の通販・格安購入


(PR)
ゼナキルジェネリックのキフロール犬用猫用5mg

ゼナキルジェネリックのキフロールは、マルボフロキサシンを有効成分とした、犬猫用のニューキノロン系抗菌薬です。


商品名
[ゼナキルジェネリック]キフロール5mg 犬用猫用


内容量
1箱100錠


使い方
1日1回体重1kg当たりマルボフロキサシンとして2.75~5.5mgを原則として5~7日間、経口投与する。7日間の投与後、動物の症状を観察した上で追加投与が必要と判断された場合は、投与開始から14日を上限として適切な期間投与する。


価格 特価(1箱)
4,218円(US$29.48)
(ドル換算なので価格が前後する場合があります)


こちらで販売されているものは、「うさパラ」のペットのお薬を格安で通販・個人輸入代行になります。また送料、代行手数料などの追加費用は一切かかりません。


ゼナキルジェネリックのキフロールは、マルボフロキサシンを有効成分としたニューキノロン系抗菌薬です。膿皮症などの細菌性皮膚感染症の治療に用いられることがあります。ただし、必ずしもすべての細菌性皮膚感染症を治療できるとは限りません。また、使用にあたっては獣医師の指示に従ってください。

 

キフロール(Quiflor)5mg[犬猫用]

詳細はこちら

ゼナキルジェネリックのキフロール犬用20mg

商品名
[ゼナキルジェネリック]キフロール20mg 犬用


内容量
1箱100錠


価格 特価(1箱)
7,061円 (US$49.61)
(ドル換算なので価格が前後する場合があります)

 


詳細はこちら

犬や猫の細菌性皮膚感染症


犬や猫の細菌性皮膚感染症とは、犬や猫の皮膚に細菌が感染して引き起こされる病気のことを指します。


犬や猫は皮膚が外部環境と直接接触しているため、細菌に感染しやすく、さまざまな細菌性皮膚感染症が存在します。


以下は、代表的な犬や猫の細菌性皮膚感染症の一部です:


膿皮症(化膿性皮膚炎)
皮膚の傷口やかゆみによる自己搔傷などが原因で、細菌(特にブドウ球菌や連鎖球菌など)が侵入して化膿性の炎症を起こす病気です。


ホットスポット(湿疹性皮膚炎)
犬によく見られる症状で、かゆみや皮膚の刺激が原因で細菌が増殖し、炎症が生じることによって発症します。


耳道炎(耳の細菌感染症)
耳の中にある細菌(主にイヤーコッカス)が増殖して耳の炎症を引き起こします。


指趾間炎(ポッドダーマティティス)
犬の指趾間に発生する細菌性の炎症で、湿潤な環境が原因となります。


乳頭炎(哺乳獣の乳首の炎症)
乳頭周辺の皮膚に細菌感染が生じることによって起こります。


これらの細菌性皮膚感染症は、かゆみ、発赤、腫れ、脱毛、潰瘍などの症状を引き起こすことがあります。また、症状の重さや範囲は患犬や患猫の免疫状態や体の部位によって異なる場合があります。


細菌性皮膚感染症の診断は、獣医師による検査や皮膚の観察によって行われ、適切な抗生物質や治療法が処方されます。早期発見と適切な治療が重要で、獣医師の指示に従い、適切なケアを行うことが犬や猫の健康を守るために必要です。

犬や猫の膿皮症


犬や猫の膿皮症(化膿性皮膚炎)は、皮膚の表面や深部に細菌が感染し、化膿性の炎症が起こる病気です。皮膚の傷口やかゆみによる自己搔傷などが原因で、細菌(主にブドウ球菌や連鎖球菌など)が侵入して感染が広がります。


膿皮症は犬や猫に比較的よく見られる皮膚疾患であり、さまざまな要因によって引き起こされることがあります。以下は、膿皮症の主な要因と症状です:


主な要因
皮膚の傷口やかゆみによる自己搔傷
アレルギー反応による皮膚刺激
寄生虫(ノミやダニ)による皮膚刺激
他の皮膚感染症の合併症


主な症状
かゆみや痛みによる搔傷や舐める行動の増加
皮膚の赤みや発赤
腫れや膿の発生
皮膚の乾燥やひび割れ
脱毛や毛並みの異常
潰瘍やただれの形成


膿皮症は症状が重篤になると、犬や猫の生活に大きな影響を及ぼすことがあります。かゆみや痛みによる舐めやかき傷が悪化し、感染が広がる可能性があります。また、細菌が体内に入ることで全身への感染リスクも考えられます。


獣医師による診断と適切な治療が必要です。膿皮症の治療は、感染した皮膚の適切な処置や抗生物質の使用が行われます。同時に原因を突き止め、かゆみや刺激を軽減するための対処も行われます。早期の治療が重要で、獣医師の指示に従い、適切なケアを行うことが犬や猫の健康を守るために必要です。



運営者情報
リンク集|123